初心者でもスグ分かる!プロテインナビ

2010年12月07日

理由3:タンパク質を短時間で吸収できる

一般的にタンパク質は消化が大変で、吸収されるまでに時間がかかります。
肉類などは、胃袋で消化されて腸に送られるまでに4時間近くかかることもあるそうです。
(胃腸が弱っている時は食べない方がいいと言われているのはこのためです。)

しかしプロテインは、あらかじめ消化・吸収しやすい状態に調製されているので胃腸への負担が小さい上に、短時間で体の組織に栄養が届くんです。

例えばこれから運動をしたいけど、空腹で力が出ない・・・
という時に牛肉のステーキを食べてしまったら、すぐに激しい運動をするのは無理ですよね?
でも、プロテインなら飲んでから短時間で運動をはじめても、気持ち悪くなったりしにくいのです。

また、運動の直後に食事をしても、栄養が吸収されるまでにはある程度の時間がかかりまが、吸収の早いプロテインなら、運動によってダメージを受けた筋肉に素早く栄養が補給されるので、能力アップのためには非常に効果的です。

posted by プロテイン太郎 at 16:53| Comment(0) | プロテインの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。