初心者でもスグ分かる!プロテインナビ

2010年12月30日

プロテインは体内で一度分解される

筋肉はタンパク質で出来ていますが、プロテインが体の中に入ってもすぐにそのタンパク質から筋肉が作られる訳ではありません。

人間を含めあらゆる生き物は自分自身と他の生き物を区別するための"型"のようなものを持っています。(血液型などもその一種です)


プロテインのタンパク質は、原料となっている牛乳(牛)や大豆、卵(ニワトリ)の"型"をもっているので、そのまま自分の体の材料としては使うことが出来ません。
だから一度バラバラに分解して、自分の"型"に合うようにもう一度組み立てて使う必要があるわけです。

ブロックで組み立てられたものを一度バラバラにして、また別のものを新しく作るようなイメージですね。

posted by プロテイン太郎 at 20:00| Comment(0) | プロテインの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。