初心者でもスグ分かる!プロテインナビ

2010年12月30日

プロテインは体内で一度分解される

筋肉はタンパク質で出来ていますが、プロテインが体の中に入ってもすぐにそのタンパク質から筋肉が作られる訳ではありません。

人間を含めあらゆる生き物は自分自身と他の生き物を区別するための"型"のようなものを持っています。(血液型などもその一種です)


プロテインのタンパク質は、原料となっている牛乳(牛)や大豆、卵(ニワトリ)の"型"をもっているので、そのまま自分の体の材料としては使うことが出来ません。
だから一度バラバラに分解して、自分の"型"に合うようにもう一度組み立てて使う必要があるわけです。

ブロックで組み立てられたものを一度バラバラにして、また別のものを新しく作るようなイメージですね。

posted by プロテイン太郎 at 20:00| Comment(0) | プロテインの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

食品からタンパク質を吸収しづらい体質の人

肉や魚、卵などのタンパク質は消化にけっこうな時間がかかります。
つまり、どちらかというとが消化・吸収しづらい栄養素なんです。

だから人によっては、無理にタンパク質が含まれる食品を沢山食べるよりも、プロテインを摂ることでスムーズな栄養補給が可能になり、能力を伸ばしやすく出来る場合もあるそうです。

生まれつき体重が増えにくい、という人も栄養吸収能力が低い場合がありますから、プロテインを飲む事によってトレーニング効果を引き出しやすくなる場合があります。

ただし、人間の体は歯でしっかり物を噛み、胃腸を働かせている状態でバランスを保っています。
よほど特殊な場合を除いて、プロテインなどのサプリメントだけに頼り切りになるのは避けるべきでしょう。

posted by プロテイン太郎 at 12:00| Comment(0) | プロテインの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

急激に効果の出る人もいる

ただ、プロテインを飲み始めたら急激に筋肉がついたという人(割合としては少ないのですが)も確かに存在するのは確かです。

そういう人が宣伝を目的としたサプリメントメーカーの回し者でないとすれば(笑)、いくつかの可能性が考えられます。

もともと栄養状態だけが悪い人
まず第一に、筋力トレーニングやスポーツなどを頑張っていて、休養も十分に取っているのにも関わらず、栄養状態が悪い人の場合です。

このように栄養状態だけが足を引っ張っている状態のときは、それが改善されれば急激に筋肉がつく場合も考えられます。

発展途上国などで栄養失調から成長不良を起こしている子供に十分な栄養を与えると、急激に身長が伸びたりすることがあるそうですが、これと同じような現象と言えるでしょう。


posted by プロテイン太郎 at 11:00| Comment(0) | プロテインの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。